血液センター医師求人ランキング

血液センター医求人TOP >> 血液センターの医師転職情報 >> 血液センターの医師の採用数

血液センターの医師の採用数

全国各地、あらゆるところに献血カーを見かけることがありますし、献血カーには必ず医師が同行していて、献血前には問診マニュアルに基づいて簡単な健康診断を行っています。そう考えると、血液センターに勤務する医師の数はかなり多そうなイメージがありますが、実際には決して採用数は多いわけではありません。その理由は、血液センターの仕事はそれほど難易度が高いわけでもなければ多忙を極めるわけでもないため、1つの血液センターに1人の医師が常駐している必要がなく、複数の血液センターごとに医師が対応し、献血カーが出る時など医師のニーズが出た時には、非常勤雇用の医師をアルバイトとして雇うことが多いためです。献血カーで健康診断を行う医師も、多くはアルバイトとして採用されている人が大半で、正職員として働く医師が毎日献血カーに乗って献血の現場に足を運んで健康診断を行うことはそれほど多くはありません。

また、血液センターは病院勤務のように夜勤があるわけではありませんし、残業もほとんどありません。そのため、家庭や育児と両立したい医師にとっては両立しやすいお仕事として人気がありますし、留学を考えている人にとっては短期間でまとまった金額を稼ぐことができるお仕事として人気があるわけです。もともと正社員の採用数が少ない上に、離職率はかなり低いため、血液センターからの求人募集はほとんど見かけることができませんし、採用数もかなり少なく、この職場へ転職を希望する医師にとってはかなり狭き門となっています。

医師のお仕事は全国的な医師不足の影響もあって買い手市場になっていることが多いものです。しかし血液センターで働く医師に限っては、圧倒的な売り手市場となっていて、求人募集がかかると大勢の医師たちが殺到するため、かなり激戦となってしまいます。なかなか出ない血液センターからの求人募集をひたすら待っている医師にとっては、求人募集が出ると「やっと転職できる!」とワクワクしてしまうものですが、競争率がとても激しいお仕事なので、求人募集が出たからと言ってかならず採用されるわけではなく、採用されることも難しい仕事だと考えたほうが良いでしょう。

血液センターのお仕事に採用されるためには、履歴書や職務経歴書をしっかり記入することも大切ですし、面接では医師としての経験や実力を血液センターでどのように生かすことができるのかという点も含めて自己PRをしなければいけません。

血液センターの医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

血液センターの医師転職情報

血液センターの医師採用情報


Copyright (C) 2016-2017 血液センター医師求人ランキング All Rights Reserved.