血液センター医師求人ランキング

血液センター医求人TOP >> 血液センターの医師転職情報 >> 血液センターの医師の給与・年収

血液センターの医師の給与・年収

血液センターで働く医師の仕事は、献血を行う人に簡単な健康診断を行い、献血をしても大丈夫な健康状態かどうかをチェックすることがメインの仕事業務となります。業務的にはそれほど難易度が高いわけではありませんし、献血のバスなどは毎日各地に出ているというわけではないため、血液センターで働く医師のお仕事は、正社員よりはパートなどの非常勤雇用が圧倒的に多くなります。正職員として雇用されている医師はいますが、その数はとても少ないですし、夜勤もなければ残業もほとんどない職場のために離職率はかなり低く、求人自体がほとんど出てこないのが現状と言えます。そのため、正職員として転職したい人にとっては、待てど暮らせど求人が一向に出てこないという事にもなりかねないので注意しましょう。血液センターで働きたい場合には、勤務地や給料、そして雇用形態などの面で妥協するつもりでいたほうが仕事は見つかりやすくなるようです。

血液センターで働く医師のお給料ですが、非常勤雇用として働く場合、日給で4万円程度を稼ぐことができるお仕事が多くなっています。もちろん、血液センターごとに日給は異なりますし、勤務時間なども異なりますが、正職員として週に5日間働く場合には、単純計算すると月収は80万円程度ということになります。職務内容や夜勤なし・残業無しの労働環境を考えると、このお給料はかなり高待遇の収入と言えるのではないでしょうか。

ただし、血液センターで働く医師のお給料を見る際には、いくつか注意しなければいけない点があります。まず、正職員として働く場合には、基本給の上に資格手当や夜勤手当などの各種手当が上乗せされることになりますが、パートなどの非常勤雇用の場合には、契約した日給以外に手当が上乗せされることはありません。そのため、毎月同じ労働時間を働く場合でも、正職員として働く場合と非常勤雇用で働く場合とでは、最終的に手にする手取りの給料額は大きく異なります。

更に、年金や健康保険のことも考えたほうが良いでしょう。正職員として働く場合には、職場を通して健康保険や年金に加入できるので、自己負担分はそれほど多くはありません。しかし、非常勤雇用の場合には職場のそうした制度を利用することができないので、市役所などの自治体に直接足を運んで、健康保険や国民年金に加入することになります。その場合、正職員だと職場が負担してくれる分も全額が自己負担となるため、経済的な負担が大きくなってしまいます。

血液センターの医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

血液センターの医師転職情報

血液センターの医師採用情報


Copyright (C) 2016-2017 血液センター医師求人ランキング All Rights Reserved.