血液センター医師求人ランキング

血液センター医求人TOP >> 血液センターの医師転職情報 >> 血液センターの医師の業務内容

血液センターの医師の業務内容

血液センターで働く医師の業務内容は、主に輸血バスなどに同行して、輸血を行う人の健康状態をあらかじめチェックする健康診断を行うことになります。医師としては、病気やけがの治療を行うわけではなく、簡単な健康診断を行うのでそれほど医師経験が長い人でなくても務めることはできますし、救急車で救急患者が運ばれてくることもありませんから、業務内容は毎日変わりません。

血液センターの仕事は、大学病院などでは研修医や経験年数がそれほど多くない医師のアルバイトとして医局を通して紹介されることが多く、大学病院などで働きながら収入アップのために血液センターでのアルバイトをする医師がたくさんいます。医療現場で怪我や病気の患者さんを治療する業務と比べると、血液センターでのお仕事は精神的なストレスは少ないですし、患者さんの容態が急変してしまうということもありませんから、医師にとっては人気が高いお仕事となっています。

献血前に簡単な健康診断を行うことが、血液センターで働く医師の業務内容となりますが、どんな所をどんな風にチェックするのかは規定があるので、特に難しいわけではありません。病院で行う健康診断と比べると健康診断の検査内容自体はとても簡略化されたものとなりますし、対面でコミュニケーションをとりながら、献血ができる状態かどうかをヒアリングするのが一般的です。例えば、若者に大人気のタトゥーですが、1年以内にタトゥーをした経験がある人は、残念ながら輸血をすることはできません。また、中高年以上の年代の女性に大人気のプラセンタをクリニックで点滴として入れた経験がある人もまた、輸血をすることはできません。これは、HIVやB型肝炎などの感染症のリスクが高くなってしまうためで、医師は献血希望者にヒアリングしながら、献血できるかどうかをチェックしていくことになります。混雑している献血カーの中で、あまり難しい健康診断をするわけではありませんし、初めて血液センターで働く医師でも、問診マニュアルなどを見ながら問題なく勤めることができるお仕事となっています。

血液センターで働く医師は、毎日同じ業務をこなすわけですし、病院勤務のように職務の中でたくさんの症例を勉強できるというわけではないため、医師としてのキャリアや実力アップを考えると、あまり理想的な職場とは言えないかもしれません。しかし、医師免許を生かして短期間にまとまったお金を稼ぎたい人や、家庭や育児と仕事を両立させたいという人にとっては、効率的に稼ぐことができるお仕事と言えます。そうした点が人気となり、血液センターの医師は離職率がとても低いのです。

血液センターの医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

血液センターの医師転職情報

血液センターの医師採用情報


Copyright (C) 2016-2017 血液センター医師求人ランキング All Rights Reserved.